ブログの記事の書き方教えます!基本的なテクニックとは?

ブログを書く際にはその日あったことをつらつらと書いていくという方法もありますが、それではネタ切れになってしまうということもあるでしょう。ブログで広告費収入を得るのであれば、一定以上の更新頻度を実現して読者を増やすことが欠かせません。そこで重要なのがキーワードの選定です。ある特定のキーワードを頭に浮かべて、それに関係する内容の記事を書いていきます。テーマが明白になるので多くの読者にとって満足度の高い内容になりやすいというメリットがあります。ブログのテクニックとして改行があります。通常の文章を書いていると話の転換ポイントなどに改行を行いますが、不必要に行を空けることはありません。しかし、ブログにおいては読者にスクロールしてもらうためにあえて改行を積極的に行うテクニックもあります。これをしすぎてしまうと逆に読みにくくなるので気を付けなければなりませんが、注目させる上で重要となります。

ブログには役に立つ情報を発信するという側面もあります。その際に重要となっているのが対象人物を定めることです。全ての方の役に立つ情報はほとんどなく、一部の方に役立つ情報が多いので、対象人物を思い描いてブログを執筆するということは大切なことです。対象人物の幅を広くすることでアクセス数を増やせる可能性もあります。上手いライターは最初から対象人物を絞っているのではなく、内容に合わせて絞り始めます。これにより、本来その内容に興味を持っていなかったことを取り込みやすくなります。文字数も重要となっています。お役立ち情報を発信する際にはその情報の中身が大切であり、そこに行きつくまでの文字数はそれほど必要ではありません。前振りがあまりに長いと途中で読むのをやめてしまう読者もいます。見出しで極端にあおって内容があまり充実していないというのは人気を失いやすい書き方です。ブログの見出しは分かりやすさを重視し、明確な目的をもってページを作成していきましょう。

キーワードの選定の仕方にもテクニックはあります。そのタイミングによって世間が求めている情報は変わります。対象人物にどういった方を想定すれば、多くの方の興味を引くことが出来るのかについてもよく考える必要があります。上手いライターはあっという間に結論を伝えるのでそこに文字数をあまり消費しません。一方でそこからの補足情報を充実させて、最後まで読者をひきつける工夫をします。明確な目的があれば、文字数が少ない書き方でも記事において問題はないということです。

関連記事