スマホからでも見やすいサイト作成をしよう!

最近のブログにおいて重要とされる要素の1つにレスポンシブウェブデザインがあります。これは見る側のことをかんがえて、どんな端末で閲覧しても見やすいデザインにするということです。ユーザの使い勝手を考えたユーザビリティという概念も大切になっています。かつてであればホームページを閲覧するための道具と言えばパソコンでした。どこのサイトもパソコンの画面で見やすいページを作っていましたが、だんだんとパソコンでネットを見る方の人数が減ってきました。スマートフォンが普及したからです。スマートフォンはパソコンよりも画面が小さいので、パソコンとスマートフォンでは見やすいページが異なります。その両方を意識して作られるブログサイトが増えています。レスポンシブウェブデザインを実現することはブログサイトを作成するにあたって欠かせないことといえるでしょう。

幅広い端末に対応できているかをチェックする基準の1つに表示速度があります。表示速度が遅いとそれだけで閲覧にストレスがかかってしまいます。サイト作成の際には表示速度に気を付けておくことが大切です。実際にスマートフォンを使用してブログサイトにアクセスしてみると、表示速度をチェックできます。その際にはアクセス環境にも注意しておきましょう。アクセスの環境が良いとスマホでもパソコンでもすぐに通信できるからです。中には見やすさを点数化してくれるツールもあります。Googleで高く評価してもらうためにも、サイトのデザインやユーザビリティについてはこだわっておく必要があります。

ツールを使ったからと言ってスマホでの見やすさが完全に確保されるわけではありません。あくまで1つの手法として判断材料にすることが重要となります。Googleではアクセス数の多さが検索順位に大きな影響を及ぼします。そのあたりを踏まえてサイト作成をしていくことが大切です。1ページに書いてある情報量があまりに多いと見にくくなってしまいます。しかし、1ページあたりの情報量があまりに少ない場合は見ていて面白くありません。あくまで閲覧者の気持ちを想像してページを作成していくことが重要です。容量が多ければ表示速度は遅くなってしまいます。このバランスを調整することがサイト作成の肝でもあります。ツールはスマホだけでなく、一般の携帯電話やタブレットに対応しているものもあり、幅広い機種に対応できた方が点数的にも高くなることが多いです。

関連記事